あなたのパソコンが攻撃されてないか定期的にチェックしよう!

ウイルス対策ソフトの限界

従来のウイルス対策ソフトではもう防げない!

通常のウィルス対策ソフトはパターンファイル、いわゆる犯罪者の指名手配書を毎日更新して、その手配書と同じプログラムが送られてきたかどうかでマルウェアを判定します。しかし、昨今においては一日あたり平均で数十万~数百万種の新種や亜種のマルウェアが生まれていると言われ、また96%以上のマルウェアは1回で使い捨てという報告もあり、パターンファイルに依存する従来のウィルス対策ソフトではもはや半数以上のマルウェアを防ぐことが出来ない状況と言われています。このような環境下においては、攻撃された後のアクションが重要になってきます。

検知できるのは、もはや50%未満!

EISSとは?

EISS(Endpoint Incident Scanning Service)とは、エンドポイントにおける操作を定期的に記録・分析することによりサイバー攻撃の痕跡を示し、「低コストで自ら早期発見できる状況」を作り、早期の対処による被害の軽減化を図るEDR(Endpoint Detection and Response)群に属するソフトウエアです。

主な特徴

不正アクセスの痕跡の早期発見

マルウェアの早期発見に特化し、マルウェアそのものではなく、マルウェアが悪意的に行うアクションや挙動を検知します。また既に導入済みのウィルス対策ソフトと併用することで総合的にセキュリティ強度を向上させます。

必要なデータの保全

実際にセキュリティ被害を受けてしまった際の対処(フォレンジック)に必要となるデータのスナップショットをお客様に代わり保持し、感染後の対応を支援します。

基本料金

- 1端末ライセンス年間 -

1,800円(税込み1,980円)

(1月当たり150円程度でご利用いただけます)

ヘルプデスク(メール):平日10時~17時

ログ保管期間:3か月

オプションサービス

1) ログの保管期間を1年に延長

2) ログの保管期間を3年に延長

3) ヘルプデスク電話対応(平日10時~17時)を追加

4) 初期導入支援サービス

5) 不正アクセス原因分析サービス
※メモリ、ディスクのフォレンジックを実施いたします。

情報セキュリティ対策を徐々に強化していこう!

サービスについてのご質問、お見積もりのご相談はお気軽にご連絡ください。

お問合せフォームへ