導入や運用がシンプル
働き方改革に最適なセキュリティソリューション

Hey-On MR-FILTER

安全なwebブラウジングソリューション

Hey-On MR-FILTERは、DNSの設定を変更するだけで簡単に導入でき、ネットワークを利用するすべてのユーザを保護できるクラウド型のセキュリティサービスです。業界最大規模の脅威データベースと、AI、機械学習能力と情報提供体制を誇るウェブルート社のBrightCloudと連携し、常に最新のセキュリティを提供します。利用者側でソフトウェアを導入したりや定義ファイルデータを更新する手間はありません。

サービスイメージ

セキュリティ対策としての3つのポイント

① 標的型攻撃対策

近年、標的となった企業に対して、その従業員が気付かないうちにPCを乗っ取られ、悪意のある外部サーバーと通信し、内部の重要情報を抜き出すような情報漏えい事件が多発しています。よって、その悪意のある外部サーバーとの通信をブロックする「出口対策」の必要性が指摘されています。

このような脅威に対して「Hey-On MR-FILTER」は、悪意のある外部サーバーとの通信を自動的に制御します。

② 情報漏洩対策

掲示板、Webメール、Twitter、Facebookやマルウェア/フィッシングサイトなどが原因で情報漏洩が発生すると、金銭的、社会的に被害を受ける恐れがあります。

「Hey-On MR-FILTER」を通じて、従業員が業務で利用するWebアクセスのログを保存しておくことで、Webアクセスを可視化し、情報システム管理者がいつでも従業員の閲覧状況や投稿のログを過去をにさかのぼって追えるようになります。

これにより、従業員の不用意な書き込みによる情報漏洩と故意に行われる情報漏洩の両方を抑止することができます。

③ 内部統制強化

J-SOX等の普及により、多くの企業が内部統制強化に取り組んでますが、実態として、まだまだ従業員のSNSへの不用意な投稿やオンラインストレージへの悪意のある情報持ち出しなど、依然として制御が難しい状況です。

「情報漏洩対策」同様に、従業員のWebアクセスを可視化しておくことによって、内部統制の強化にもつながります。

情報セキュリティ対策を徐々に強化していこう!

サービスについてのご質問、お見積もりのご相談はお気軽にご連絡ください。

お問合せフォームへ